Home   »   新着情報   »   当院は公益財団法人になりました。

当院は公益財団法人になりました。

2019年4月1日

当院は公益財団法人になりました。

病院長ご挨拶

 昨年は西日本豪雨災害で今まで災害にはほぼ縁のなかった岡山でも甚大な被害が出ました。当院からもJMAT岡山へチームでの参加、またJRATにもたくさんの職員が支援活動に参加し、改めて災害医療支援の重要性を知ることができました。
 また7月には鼠尾名誉院長が死去いたしました。今まで長年お世話になり、ご支援いただきました皆様に深く感謝いたします。この冬は岡山市内には珍しく雪が積もりましたがその寒さも過ぎ、2019年の春を迎えました。今年の春は例年とは異なり4月には新元号の決定、5月には天皇陛下のご退位と新天皇のご即位で長期連休になります。私ども医療・介護業界は患者様や利用者様ができるだけ御不自由をされないように体制を整え、様々な準備もしておく必要があります。
 この長期連休中当院は2日間通常診療を行い、通所リハビリテーションは3日間開所いたします。病棟のリハビリテーションはもちろん休みなく毎日行います。
 また、新年度を迎え当院の体制が4月から変わります。副院長の柚木が退任し、変わって鼠尾晋太郎が副院長に就任しますので宜しくお願いいたします。今年度の新入職員は11名で、総職員数は241名となり、2019年4月1日から当財団は「公益財団法人」操風会になります。公益法人の目的は 「主に脳・神経・運動器の疾患にについて、予防、急性期、回復期、在宅復帰するまで全人的医療・介護を提供する活動等を通じて、地域医療体制の向上を図ることを目的とする」です。

以上を踏まえて当院の重点方針は、

  ・リハビリテーション専門病院としての役割を果たす
   ・在宅支援体制の強化
   ・地域へ向けての活動の拡大と強化

としております。

新しい企画・取り組み、奉仕・支援活動などにもチャレンジしていくつもりですので今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2019年4月1日
病院長 十河 みどり

※ 公益財団法人については、こちら(岡山旭東病院のホームページへ移動します)からご確認下さい。

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。